業者を選ぶポイント

現在中国からの輸入を活用するビジネスが支流となっており、輸入を行なう際には言語の問題が出てきます。そのため、中国輸入代行の業者に依頼することでスムーズに行うことが可能となるのです。

Read more »

注目されるビジネス

現在中国輸入ビジネスが注目を集めており、中国から輸入した商品を日本で売ることが出来れば収益を上げる事ができます。しかし、輸入ビジネスはノウハウと専門的な知識が必要になるため、中国輸入サービスを利用するようにしましょう。

Read more »

有効に活用出来る

低価格で商品を仕入れたいなら、こちらの中国輸入代行に頼んでみてはいかがですか?多くの企業から信頼されている会社です。

シェアリングという新しいビジネスモデル

近年、欧米を中心に注目を集めているのが、シェアリングエコノミーという概念です。これはモノやサービスを個人や企業が占有するのではなくシェア、すなわち共有することで互いに便宜を図っていこうというコンセプトです。現在ではわが国においてもこうした考え方が広がりつつあります。 これに伴い、シェアリングビジネスという新たなビジネス形態も生まれてきています。具体的には、1台の自動車を複数のユーザーで共有するカーシェアリング、同様に自転車を共有するバイクシェアリング、事務スペースを共有するオフィスシェアリングなどがすでにサービスの提供を開始しています。そしてこうしたビジネスを管理するためのシェアリングシステムも考案されています。

無駄を省き、モノやサービスを有効活用

シェアリングエコノミーの最大のメリットは、限られた資源を有効に、低コストで活用できることです。たとえば自動車であれば、所有者全員がいつでも24時間乗り回しているわけではありません。ある人は午前中しか使わなかったり、別の人は午後しか使わなかったり、また別の人は1日のうちほんの15分ほど利用するだけでよかったりとさまざまです。 そこで、こうしたニーズを持つ人たちが1台の車をシェアすることで、メンテナンス費用や駐車場代などを節約することが可能になるわけです。 こうしたシェアリングをスムーズに運営するのに必要なのが、シェアリングシステムです。シェアリングシステムは自動車であれば車両の保管、ユーザーの利用予約、スケジュール調整、キーの受け渡し、料金の精算などを総合的に管理するシステムです。シェアリングビジネスを運営するためには優れたシェアリングシステムの構築が欠かせません。

費用や利点を確認する

中国輸入代行サービスは商品の買い付けや輸入業務を代行してくれるサービスで、通販で購入するよりも高い安全性があります。基本料金は代金にから10%ほどの手数料が掛かります。

Read more »